kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

周囲への結婚報告はどうする? タイミングや方法について

周囲への結婚報告はどうする? タイミングや方法について


プロポーズが成功してお互いの両親への挨拶も済んだら、次にすべきことは上司や同僚、友人など周囲の人たちへの報告です。どのタイミングでどう報告するのがベストなのか、知っておきましょう。

 

友人への報告はプロポーズが成功したら

一般的に、仲のいい友人への報告はプロポーズが成功したすぐあとにする人が多いようです。「直接会って報告する」という人の割合が最も多く、次に「メールで報告する」「電話で報告する」という順。日ごろから恋人の相談に乗ってもらっているような親しい友人には、直接会って報告するのが親切です。お互いの両親への挨拶が済んで、本格的に結婚式の日取りの話などが進んでから報告しても問題ありません。

難しいのが、未婚の女友達への報告のタイミング。彼女たちが彼氏と別れたばかりだったり、仕事がうまくいっていない時期だったりと嫌な気分にさせてしまうこともあります。仲の良い友人なら、自分たちと友人の都合を考えタイミングを見計らいましょう。

 

上司・同僚への報告は結婚式の日取りが決まってから

周囲への結婚報告はどうする? タイミングや方法について
 
会社の上司・同僚への報告は、結婚式の日取りが決まってから行うのが一般的です。
まずは、直属の上司だけに結婚することになった旨を報告しましょう。タイミングとしては、結婚式や二次会の招待状を送る前がベスト。結婚式や新婚旅行で休暇をとるのか、女性なら結婚後も仕事を続けるのか、結婚を機に働き方を変えるのかなどをあらかじめ上司に報告および相談しておきます。上司への報告と相談ができしだい、先輩や同僚への報告をするのが一般的な結婚報告の流れです。

最近は結婚式を行わないカップルや、身内だけで結婚式をして会社の人たちを呼ばないという人も増えていますが、その場合は入籍する前のタイミングで報告をしましょう。入籍をすると女性は名字が変わりますし、税金や保険などいろいろな手続きが必要になります。寿退社をするつもりなら引継ぎなどもあるので、早めに報告をして、できる限り周囲へ負担をかけないように意識しましょう。

仲のいい同僚がいる人は、結婚式の日取りが決まる前に報告することも多いようですが、上司やほかの同僚への報告がまだ先になりそうなら、「周囲にはまだ言わないでほしい」と伝えておくようにします。報告の順番を間違えてしまうと、のちのちトラブルになりかねません。特に、普段からお世話になっている上司には、噂が先立ってはいけません。直接報告をすることが最低限のマナーです。

プロポーズが成功して結婚が決まるとついつい浮かれ気味になりがちですが、周りとの人間関係をうまく保っていくためにも報告のタイミングや順番はとても大切です。失礼がないように、結婚報告のタイミングを二人でよく話し合ってくださいね。

 

この記事の著者紹介

?

 
なっつん
1983年生まれ。女性(既婚) 上智大学卒。

勉学一筋だったものの、留学を機に生活が一変し、学生時代は恋愛漬けの日々を送る。
現在は旅行会社に勤めつつ、海外情報や恋愛に関するハウツーコラムを寄稿している。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事