kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

離婚率にも影響!? プロポーズをしたほうがいい理由

離婚率にも影響!? プロポーズをしたほうがいい理由


付き合いが長かったり、なんとなく流れで結婚したカップルの中には、「プロポーズがなかった」という人もいます。

二人が想い合っていて結婚する意志があればプロポーズはなくてもいいと思う人もいるようですが、実はプロポーズの有無は結婚後の夫婦の仲に影響してくることを知っていましたか?

なぜプロポーズの有無が夫婦仲に関係するの?

離婚率にも影響!? プロポーズをしたほうがいい理由

プロポーズをきちんとしなかった夫婦は、離婚率が高いと言われています。

プロポーズをするということは、男性にとって「これから二人で一緒に生きていこう」「あなたを守っていきます」という決意表明。
しっかりプロポーズできるということは、男としてけじめがつけられるということです。
そんな男らしさを持っている男性に女性はついていきたいと思うはずです。
プロポーズという決意表明をすることで男性に「結婚する」「家庭を持つ」という自覚が芽生えますから、浮気防止にもつながるでしょう。

プロポーズをしない人は、もしかすると結婚の意思がしっかり固まっていなかったり、けじめがつけられないだらしない部分があったりするのかもしれません。

どんなプロポーズでも女性はうれしい

離婚率にも影響!? プロポーズをしたほうがいい理由

多くの女性にとって、好きな男性にプロポーズされるということは長年の憧れです。
そんな憧れを実現してもらえなかったということは、後々ずっと心の中に残ります。
女友達同士でも「どんなプロポーズされたの?」なんて話が出ることもあるでしょう。
そのたびに、「ちゃんとプロポーズしてもらえなかった……」と不満が募ってしまうかもしれません。

ロマンチックなムードで、一生心に残る感動的なプロポーズをしてほしいと思っている女性は多いもの。
ですが、どんな場所でもどんなシチュエーションでも、好きな人にプロポーズをされたらうれしいものです。
恥ずかしいからといってプロポーズをしないのはもったいないです。
プロポーズできるのは一生に一度きりなのですから、自分なりに精いっぱいのプロポーズをしましょう。

プロポーズに気づかれない場合も!?

「結婚しているんだから、なんらかのプロポーズはしてるでしょ?」
と思われる方もいるかもしれませんね。
実は、男性側はちゃんとプロポーズしたつもりでも、女性はプロポーズされたと思っていない場合もあるのです。
この場合、女性にとっては「プロポーズされずに結婚した」という認識になってしまいます。

「これはプロポーズだよ」としっかり伝えるためには、普段とは違うことをしたほうがいいかもしれません。
たとえば花束や指輪をプレゼントしたり、いつもは行かないようなおしゃれなレストランに連れていくのもいいですね。

せっかく頑張ってプロポーズするなら、いつもと違う印象的な演出を少しでも入れると、二人にとってずっと思い出に残るプロポーズになりますよ。

この記事の著者紹介

⑤

石田 ムササビ
1983年生まれ。女性(未婚) 美容師。

高校時代からあらゆるタイプの男性との恋愛を経験。髪型だけではなく恋も思い通りで、恋愛相談を目的に来店する女性客も多い。ライティングの仕事も来店したお客様のススメで始めた。数多の恋愛経験から培った独自の恋愛テクニックが魅力。


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事