kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

プロポーズが失敗するセリフと成功するセリフの違いは?

プロポーズが失敗するセリフと成功するセリフの違いは?


一世一代の決意を込めたプロポーズ。
しかし、セリフ選びによっては女性の心をつかめず、失敗してしまうことも……!
プロポーズが失敗しやすいセリフと、成功しやすいセリフの違いをご紹介します。

失敗例①「幸せにできるかはわからないけれど、僕と結婚してくれませんか?」

弱気な態度や、問いかけるタイプのプロポーズはNG!
もちろん結婚生活は未知の領域、自信がない気持ちもわかります。
しかし、言われた側は「この人と結婚して大丈夫かな?」と不安になってしまいます。
謙虚になるのも悪くないですが、プロポーズの時ぐらいは強気にキメたいものです。

→こう言おう!成功しやすいセリフの例
きっと幸せにするから、僕と結婚してほしい
失敗セリフと内容は似ているように見えますが、女性の心に与える安心感がまったく違います。

失敗例②「親が最近結婚しろってうるさくて。そろそろ結婚しようか」

プロポーズが失敗するセリフと成功するセリフの違いは?

自分の意思が感じられないセリフも失敗しやすいので避けたいもの。
人生の重要な選択のときも親に従う人なんだ、という良くない印象を与えてしまいます。
結婚した後の生活も親優先なのかな、と思われてしまうことも。
また「そろそろ」というフレーズもあまりプロポーズ向きではありません。

→こう言おう!成功しやすいセリフの例
結婚して、僕と家族になろう
二人で新しい家庭を作るんだ、という決意を込めた言葉は良い印象を与えやすいですね。

失敗例③「ずっと君と一緒にいたいな」

一見プロポーズに適したセリフに見えますが、これも失敗してしまう可能性あり。
軽くあいまいなノリでのプロポーズは、普段の会話の延長と受け取られてしまいます。
プロポーズしたつもりなのに女性側がプロポーズと受け取れないような、あいまいな言葉のチョイスは避けたいものです。

→こう言おう!成功しやすいセリフの例
僕と一緒になろう、結婚してほしい
伝えるべきことはストレートに、きちんと伝えることが成功するためのポイントです。

失敗例④「ちょうど転勤になったし、結婚してついてきてくれない?」

プロポーズが失敗するセリフと成功するセリフの違いは?

結婚は、女性にとって人生の重大な転機。
「結婚したほうが好都合なので結婚しよう」というのは一見合理的です。
しかし、これは女性からすると無神経さを感じてしまうプロポーズ。
もちろん結婚にはタイミングは重要ですが、女性側の気持ちもよく考えてプロポーズすることが大切です。

→こう言おう!成功しやすいセリフの例
一生かけて幸せにするから、ついてきてほしい
少々強引でも、「この人についていけば大丈夫」という安心感を与えることがポイントです。

プロポーズの言葉は一生を左右するような大切なものです。
でも、プロポーズが失敗するセリフと成功するセリフは、実は紙一重。
心のこもった、思いやりのある言葉をチョイスすることがとても大切なのです。

この記事の著者紹介

➁

KANA
1985年生まれ。女性(既婚) コラムニスト。

チャレンジ精神が旺盛で、Webデザインや衣装デザインの会社のアルバイト、コンビニ店員や本屋の店員などさまざまな仕事をしてきた。
性に関する赤裸々な話から、付き合いたてのカップルに向けた記事など、幅広い内容で執筆できる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事