kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

お互いの姿にドキッ。結婚式当日に行う「ファーストミート」の魅力

お互いの姿にドキッ。結婚式当日に行う「ファーストミート」の魅力


 

欧米の結婚式では定番のセレモニー「ファーストミート」をご存知でしょうか。
ファーストルックとも呼ばれるこのセレモニーは、結婚式当日にウェディングドレスに身を包んだ花嫁と、タキシードを着た新郎がお互いの姿を披露しあうというもの。
海外のドラマや映画でもよく取り入れられているため、イメージできる方も多いでしょう。
最近では、日本でもファーストミートを取り入れるカップルが増えています。
結婚式をより感動的に思い出深くしてくれるファーストミートの魅力についてご紹介いたします。

 

欧米の定番セレモニー「ファーストミート」とは?

ファーストミートとは、結婚式の当日にはじめてお互いの晴れ姿を披露するという、欧米では定番のセレモニーです。
結婚式で着るウェディングドレスやタキシードを選ぶとき、日本ではカップル2人で決めることが多いですが、欧米ではそれぞれが別で衣装を選ぶのが一般的。
結婚式当日も別室で支度を行い、控え室も別にするので結婚式がはじまる直前までお互いの姿を見ることはありません。
着替えやヘアメイクなどの支度がすべて終わり、お互いが結婚式の衣装に身を包んだところで「ファーストミート」を行い、はじめてお互いの姿を見ることができるのです。

 

ファーストミートの魅力とは?

・結婚式当日までドキドキ感が味わえる
結婚式当日を迎えるまでお互いの衣装を知ることができないため、当日までドキドキ感を味わうことができます。
「相手はどんな衣装を選んだのか」「ウェディングドレスに身を包んだ彼女はどれだけ美しいのだろうか」「相手が自分の姿を見たらどんなリアクションをするだろう」など、たくさんの考えが頭を巡ります。
結婚式は2人にとって特別なイベントですが、ファーストミートを行うことでより一層お楽しみ感が強くなるでしょう。

・ファーストミートの瞬間が感動的
タキシードを着て凛と立つ新郎と、ウェディングドレスを身に纏い美しさを増した新婦が顔を合わすファーストミート。
待ちに待ったその瞬間はやはり感動的です。これから結婚式を行う2人の気持ちをより高めてくれます。
はじめてお互いの姿を見た感動の瞬間は、いつまでも忘れることのない思い出となるでしょう。

 

ファーストミートの演出方法

ファーストミートの方法にはたくさんのパターンがあります。
中でも定番なのが、新郎が後ろ向きに立って待ち、新婦が背後から近寄って名前を呼ぶというもの。名前を呼ばれて新郎が振り向くと、そこにはウェディングドレスを着た新婦が立っています。とてもシンプルな方法ですが、お互いの姿をよく確認することができ、リアクションもわかりやすいというメリットがあります。
これ以外には、曲がり角を利用して出会いがしらにファーストミートを行ったり、扉をはさんでお互いが立ち、扉を開けると2人が対面できるという方法も。たくさんのパターンがあるので、自分たちに合った方法を探しましょう。

 

お互いの姿にドキッ。結婚式当日に行う「ファーストミート」の魅力

 

感動的な人気セレモニー「ファーストミート」。この演出を取り入れるのであれば、写真やビデオに残しておくことをおすすめします。お互いのリアクションを撮り逃さないよう、カメラマンを2人用意して新郎側と新婦側の両方から撮影するのがいいでしょう。
2人の仲をさらに深めてくれるファーストミートをぜひ結婚式に取り入れてみてくださいね。

 

この記事の著者紹介

?

KANA
1985年生まれ。女性(既婚) コラムニスト。

チャレンジ精神が旺盛で、Webデザインや衣装デザインの会社のアルバイト、コンビニ店員や本屋の店員などさまざまな仕事をしてきた。
性に関する赤裸々な話から、付き合いたてのカップルに向けた記事など、幅広い内容で執筆できる。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事