kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

シャイな人も使える! 定番プロポーズの言葉を英語で伝えよう

シャイな人も使える! 定番プロポーズの言葉を英語で伝えよう



シャイな人も使える! 定番プロポーズの言葉を英語で伝えよう

女性はロマンチックなデートや演出が好きです。
恥ずかしがって言葉にしないのはとてももったいないこと。
特に、プロポーズぐらいははっきりと言葉で伝えてほしいものです。

もし日本語で愛を伝えるのが恥ずかしいのなら、英語を使ってみてはいかがでしょうか?日本語よりも照れずに言えるかもしれませんよ。
定番のプロポーズの言葉を英語で言うと、どんな風になるのかご紹介します。

僕と結婚してくれませんか?

「僕と結婚してくれませんか?」は、英語でいうと「Will you marry me?」です。
膝まづいて婚約指輪や花束を渡しながらプロポーズするときにぴったりの言葉ですね。
まるで外国映画のようなプロポーズは、彼女もきっと喜んでくれるはずです。

幸せにするから、結婚してください

「必ず幸せにするから、結婚してください」なんて言葉は、女性からするととても頼りがいがあってうれしいプロポーズです。
英語にすると「To be happy. Please marry」です。
高級レストランや、夜景の見えるホテルなどでのプロポーズで言ってみたいセリフですね。

生涯あなたのことを愛します

「生涯あなたのことを愛します」と日本語で言うのは勇気がいるかもしれません。
英語なら「My love for you is eternal」となり、少し言いやすくなるかも!?
ロマンチックな言葉なので、二人きりのプロポーズに使いたいですね。

永遠の愛を誓います

映画のセリフのような「永遠の愛を誓います」は、「I promise love of the eternity」です。
日本語で言うのも良いですが、英語で言うのも素敵ですよね。

家族になろう

たとえ英語でもloveと入ると恥ずかしいという人には、「家族になろう」という意味の「Will be a family」がいいのでは? 
ロマンチックさは減りますが、プロポーズとしては十分伝わります。

シャイな人も使える! 定番プロポーズの言葉を英語で伝えよう

日本人男性は、世界的に見ても特にシャイ。
彼女に「好きだよ」「愛してる」なんて、とてもじゃないけど言えない! という人も多いと思います。そんな場合は、こんな定番のプロポーズの言葉を英語にして、メッセージカードなどに綴ってみるのはいかがでしょうか。

せっかく英語でプロポーズするなら、シチュエーションにもこだわってロマンチックなプロポーズにしたいですよね。花束が恥ずかしければさりげなく一輪の花やフラワーボックスなどを贈るのがおすすめです。彼女が喜びそうなプレゼントや場所を選んで、一生思い出に残るようなプロポーズをしてあげてください。

この記事の著者紹介

➁

KANA
1985年生まれ。女性(既婚) コラムニスト。

チャレンジ精神が旺盛で、Webデザインや衣装デザインの会社のアルバイト、コンビニ店員や本屋の店員などさまざまな仕事をしてきた。
性に関する赤裸々な話から、付き合いたてのカップルに向けた記事など、幅広い内容で執筆できる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事