kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉


ホワイトデーが過ぎ去り、女性への贈り物も終わったと思っている男性の皆さん。記念日とかが無いと好きな人にプレゼントをあげないって少し寂しくありませんか?

男たるもの常在戦中。記念日なんか関係なく好きな女性に贈り物をして喜んでもらおうとするのがダンディだと思うのです。

今回は春にピッタリなフラワーギフトの話を「メリアルーム」さんから聞いてきました!

【※前回記事:ホワイトデーにあげよう! フラワーアレンジメント!

 

花のプレゼントの選び方が分からない人へ

今回もメリアルームのフラワーコンシェルジュである水谷様(以下、敬称略)にお話を窺おうかと思います。前回に引き続き宜しくお願いします。

「宜しくお願いします。」

それでは水谷さん。早速なんですが、春に花をお渡ししたいっていう男性のためにアドバイスを窺いたいのですが。

「はい、失敗しないのは、お相手様のお好きなお花であったり、お好きな色のお花であったりを贈られるのがよろしいかと思います。」

すみません。全然分からないです。

「もうちょっと相手に興味を持ちましょうよ(笑)」

いや、興味はあるんですよ!? でも、意外と相手の好きな花とか色って、分からない人もいるんじゃないかなと……。親しい間柄だからこそ、はっきりと聞かないまま付き合いが長くなる場合もあるんじゃないかなぁって思うんです。

「なるほど。そういうパターンもあるかも知れませんね。それに、これから親しくなりたい相手に花を贈りたいって男性もきっといるかもしれませんしね」

そんな男性のために! どうかアドバイスを! 先生!

「分かりました。先生ではありませんけど(笑)。もちろん私たちコンシェルジュは、そういった男性へのアドバイスをする立場ですので!」

 

知っている人は稀? 花言葉

「ところでサムさんは花言葉ってご存知ですか?」

あ、はい。花自体に込められた意味ですよね。赤薔薇だったら、「あなたを愛しています」とか、「情熱」ですよね? 花言葉以外にも宝石言葉とか、珍しいものだと鳥言葉みたいのもあると聞いたことがありますが。

「意外ですね。すこし驚きました。と言うのも、花言葉って花と関係のある仕事をされている方くらいしか知らないんですよ」

え、そうなんですか? 有名所はけっこう知っている人も多いのかなと思っていたのですが。

「いやぁ。なかなかいませんよ。でも。だからこそ、花言葉をプレゼントの選考基準にすることはオススメしたいですね。知らない人が多いので、花言葉を添えることで渡す相手を少し驚かせ、さらに花のプレゼントに「花言葉」という付加価値をつけることができます。
なにより「花言葉」自体が、相手へのメッセージになるんですよね」

確かに。花言葉にもいろんなものがあって、単語だけのものから、映画に出てくる甘い台詞みたいなものもありますよね。

「ちなみにサムさんは、好きな人にはちゃんと思いや気持ちを言葉にして伝えられる人ですか?」

伝えられたら、多分今頃もっとモテモテです!

「(笑) まぁ、でも。確かに口下手な男性ってけっこういるかもしれませんよね。やっぱり、恥ずかしいものなのでしょうか?」

恥ずかしいですね。緊張しちゃって、たぶん訛(なま)っちゃいます。アナタガ、チュキダカラー。って感じに訛っちゃいます。

「それは訛りじゃない気もしますけど……。
とはいえ、伝え方は何も言葉だけじゃありません。お花使って、好きな人に思いを伝えられるようになりましょう」

 

花言葉を生かしたフラワーアレンジメント

個人的な理想としては、花だけあげたいです。伝えたい思いにそった花言葉の花を選んで、「はい。プレゼント」って感じで。

「え。それだけですか? ほかに何も言わないんですか?」

男は言葉じゃなくて背中で語るものだと思ってます。

「ダメですよ! 伝わりませんから! いくら言葉にするのが苦手だからって、それだけでは真意が伝わらないかもしれませんから! せめて『この花はね、○○って意味なんだよ』くらいの言葉はそえましょう」

添えないとダメでしょうか……。なんだか「この花はね、○○って意味なんだよ(キリ」とか「この花の花言葉は○○って言うんだ(ドヤァ」って感じになっちゃいそうで恥ずかしいんですけど。

「それは言い方次第ですよ(笑)」

それと。そもそも女性の方が「うわぁ……この人カッコつけてる……ププ」って心の中で思ったりしませんか? それが怖くて怖くて……

「どれだけ人間不信なんですか! そうそういませんよ! むしろほとんどの女の子が『へー、そうなんだ! 知らなかったー。おもしろーい』くらいにという感想を抱いてくれると思いますよ。」

マジですか!?

「マジです(笑)。それでも、どうしても言葉にするのが苦手だというのなら、『文字』にしてみてはいかがですか?」

 

5つの花を1つにした「シフォンメリアフラワー(アイスブルー) 」

「普段なかなか口にできない相手への思いも、文字媒体にしたらまだ伝えやすいって感じる男性は多いようですね。そこで、私たちメリアルームではお花と一緒にメッセージを伝えられる商品をご用意しております。

まずはこちらのシフォンメリアフラワーです」

 

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

 

おぉ。随分と大きな花ですね。これは……、一体なんの花なんですか?

「実はこれ『ピォニー(芍薬)』『スイートピー』『カーネーション』『アジサイ』『ビオラ』の5つの花を1つに合わせて作ったフラワーアレンジメントなんです」

あ、これ1つの花じゃないんですね!

「はい、そうなんです。5種類のお花を使った贅沢なアレンジです。もちろんそれぞれに花言葉があります。

ピオニー:奥ゆかしさ
スイートピー:優美
カーネーション:愛情
アジサイ:元気な女性
ビオラ:誠実

どれも女性がもらって嬉しい花言葉を厳選しました」

うわぁ。メチャクチャ褒めちぎってますね。ベタ誉めじゃないですか。

……でも、すみません。それ全部覚えられる自信が無いです。僕の記憶力、ニワトリ並みなもんでして。昨日の晩御飯も覚えられない性質でして。

「大丈夫ですよ(笑)。こちらの商品には保証書と説明書が付いていて、お花の説明書で花言葉についても触れています。お渡しした相手が読める形になっているので、覚えなくても伝わりますよ。」

 

日本の国花を送ろう「エレガンス・チェリー(ダイヤモンドパウダー付き) 」

「続いてご紹介したいのは、桜の花のフラワーアレンジメント「エレガンス・チェリー(ダイヤモンドパウダー付き) 」です。桜のフラワーアレンジメントに、仕上げにダイヤモンドパウダー吹きかけることで上品さや優美さを表現してみました。」

 

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

 

おぉ。桜ですか。良いですね桜。ちょうどシーズンですし、なにより日本を代表する花ですもんね。

「そうですね。そういう理由もあってか、ウチでもこの時期1、2を争う人気商品になっています。ちなみに桜の花言葉はご存知ですか?」

確か……『優美な女性』『精神美』、って意味だったと記憶していますが。

「すごい!本当によくご存じですね!そんな花言葉にあった春らしいデザインのフラワーアレンジメントを考えて作られたのがこちらの商品です。

色合いが淡いピンク色っって言うのもありがたいですね。僕みたいに物をあげ慣れてない人でも抵抗なく買えるし渡せます。真っ赤な薔薇とかは、ちょっと恥ずかしい水谷「ぜひこちらの商品やシフォンメリアフラワーで経験をつんで、最終的には真っ赤な薔薇も自然に渡せる男性を目指してくださいね!」

はい! あ……。ただその前に、渡すような相手を作らないといけないんです。先生! そこらへんもアドバイスくれませんか!

「それはサムさんご自身で見つけ出してくださいっっ!」

 

オプションを付けてさらに気持ちを伝えよう

「渡す相手を作る努力はサムさん自身に頑張って貰うとして、フラワーアレンジを渡す際に気持ちを伝えるアドバイスに戻りましょう。

本日紹介した2つの商品には花言葉が込められていますが、花言葉以外にも、もっと直接的に気持ちを伝える方法を用意しました。

サムさん。2つの商品をじっくり見てください。」

じっくりですか?

 

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

 

うーん……

 

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

 

 

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

 

・・

 

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

 

・・・
・・・ん!?

 

花の贈り物を選ぶ基準に! 知れば知るほど楽しい花言葉

 

「お気付きになられたでしょうか?」

花に! メッセージが書かれています!

「その通りです。「Happy Birthday」や「Just for you」などの短い一言や、相手に1番伝えたい言葉を花びらに載せることができます。

さらにはメッセージカードも添えることも可能です。花は数あるプレゼントの中でも、メッセージや思いを込めて渡すことに長けたプレゼントだと思います。

どんなメッセージや思いを贈りたいか、どんな風に贈りたいか、というのも、花のプレゼントを選ぶ際の基準にできるんじゃないでしょうか?」

花言葉、花びらメッセージ、メッセージカード。これだけあれば確かに相手に気持ちを伝えられそうですね。なんだか僕でもできそうな気がしてきました!

水谷さん、今回もアドバイスありがとうございました。

「こちらこそありがとうございました!」

 

この記事の著者紹介

ホワイトデーにあげよう! フラワーアレンジメント!

小野瀬サム
1988年生まれ。男性。ライター。

スリランカとのハーフ。英名サム。
明らかに日本人ではない顔で「国を伴侶と心得ておる」「色恋なんて浮いた話は、お袋の腹の中に置いてきた」と 言っていたところガチで引かれて、いまどうやって取り繕おうか考え中。外国籍の母の影響で家の中に花があるのは普通だと思っていた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事