kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

大きな愛と誓いを込めて「誓いのキス」を美しく見せるためのコツ

大きな愛と誓いを込めて「誓いのキス」を美しく見せるためのコツ


 

人生で最も大切な日ともいえる結婚式。美しい花嫁衣装に身を包んだ花嫁がバージンロードを歩き、新郎と愛を誓う結婚式は、ゲストまでをも感動の渦に巻き込みます。
そんな大切な結婚式の中でも、とくに感動的なシーンとなるのが、大きな愛と夫婦となる誓いを込めて行う「誓いのキス」。
ゲストからの注目を一斉に集める瞬間なだけに、キスシーンはロマンチックに行いたいものですよね。そこで今回は、誓いのキスシーンをより美しく見せるためのコツをご紹介いたします。

 

キスのときには一歩ずつ近付いて

誓いのキスのときに、お互いの距離が離れていると上手く唇を重ねることができません。
顔が遠いために唇をタコのように突き出してしまうと、一気にコメディ感が溢れてしまうので要注意。
誓いのキスの場面になったらお互いが一歩ずつ歩み寄り、キスがしやすい距離に近づきましょう。新郎が新婦の肩に手を置き、背中を支えるようにするとより美しくキスをすることができます。

 

瞳を閉じてロマンチックな雰囲気に

誓いのキスの瞬間は、ゲストやカメラマンから写真をたくさん撮られるもの。より素敵な写真を残すためにも、キス中の表情にも気をつけましょう。
結婚式中の緊張や、ゲストからのたくさんの視線によって顔が強張ってしまいがちですが、新婦は軽く目を閉じてあごをほんの少し上げ、目尻に力を入れるようにすると写真うつりがとても良くなります。
キスのあとにゆっくりと目をあければ、まるで映画のワンシーンみたいでロマンチックですね。

 

一瞬だけのキスはNG!

「人前でキスをするのは恥ずかしい」と思ってしまう方も多いもの。
しかし、一瞬でキスシーンが終わってしまうのはあっけないですし、撮影のタイミングも難しいものです。素敵な誓いのキスフォトを撮影してもらうためには、キスには3~5秒程度かけるのがコツ。ゆっくりと誓いのキスを交わして、夫婦となる喜びを感じましょう。

 

見つめ合って余韻をもたせる

誓いのキスの前後には、お互いの顔を見つめ合って少し余韻をもたせるのがおすすめです。
少し照れた感じで目を合わせるだけで、ロマンチックなラブラブ感を演出することができますよ。キスのあとに微笑み合ったり、少しはにかむような表情を見せたりすることで可愛らしい雰囲気が醸し出されます。

 

焦らないように落ち着いて

緊張をしていると、どうしてもせっせと焦りがちな動きになってしまいがち。
そわそわと落ち着きのない印象を与えてしまいかねないので、1つ1つの動きを確認しながらゆっくりと動きましょう。
結婚式の雰囲気を楽しむという気持ちで臨めば、自然と心に余裕が生まれます。

 

「誓いのキス」の練習をしよう!

誓いのキスシーンは、一生で一度の特別なもの。失敗を防ぐためにも、2人で前もって練習をしておくことをおすすめします。お互いが向き合い、キスをする瞬間まで一連の動きを確認しておけば、安心して当日を迎えることができます。
美しく見せるコツを掴んで、ゲストにラブラブなムードをアピールしましょう。

 

大きな愛と誓いを込めて「誓いのキス」を美しく見せるためのコツ

 

ゲストに見守られる中で行う誓いのキスは、一生の思い出に刻まれる瞬間です。
美しいキスシーンを成功させて、大きな愛と夫婦の誓いを永遠のものにしましょう。

 

この記事の著者紹介

?

 
本田 レイナ
1984年生まれ。女性(未婚) オーガニック系コスメ店店員。

高校時代はあらゆる媒体で自己表現を続け、ライターを志望していた。
化粧品系の会社に入るも夢を諦めず、ライターとしてもネットで活動を始める。
記念日のサプライズなどの記事を得意とする。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事