kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

当日は忙しい! 結婚式の前に記念写真を撮る「前撮り」の基礎知識

当日は忙しい! 結婚式の前に記念写真を撮る「前撮り」の基礎知識


 

一生に一度の結婚式。きれいな花嫁姿を披露するためにも、ダイエットやスキンケアに挑んで準備をしますよね。人生で最も美しい姿を、一生の思い出に記念写真として残しておきたいと思うカップルも多いでしょう。
ですが、忙しい結婚式当日は、なかなか写真を撮るための時間がとれません。
そこでおすすめしたいのが「前撮り」。結婚式の事前に行う前撮りなら、好きなシチュエーションで落ち着いて写真を撮ることができます。
前撮りを撮ろうと考えているおふたりに、前撮りについての基礎知識をご紹介いたします。

 

前撮りには種類がある

前撮りには、大きく分けてスタジオ撮影、ロケーション撮影、スタジオ・ロケーション撮影の両方といった3つの種類があります。
実際に結婚式を行う会場で前撮りする人もいますし、結婚式場にスタジオが併設されていればそこで撮影を行うこともできます。
また、桜の季節や紅葉の季節など、景色がよく好天に恵まれるシーズンはロケーション撮影も人気です。
ドレスを着るのか着物を着るのかなどによって、どこで撮影をするかを考えてみるといいでしょう。

 

前撮りの費用はどれくらいかかる?

「前撮りはしたいけど、費用が気になる」という人も多いと思います。
実際に前撮りを行った人の予算を調べてみると、スタジオ撮影のみだった人は5万円未満が最も多く、ロケーション撮影を行った人は5~15万円と幅がありました。
ロケーション撮影の場合、景色がいい場所を求めて遠方まで行くかどうか、準備から撮影まで含めて何時間かかるかによっても値段が大きく変わってきますので、予算と照らし合わせて検討してみましょう。

 

前撮りの衣装はどうする?

前撮りの場合、実際に結婚式で着る衣装のほかに、好きな衣装を着て写真を撮ることもできます。
スタジオに用意されている衣装の中から選ぶ場合もあれば、持ち込みがOKな場合もありますので、スタジオに相談してみましょう。
ただし、ロケーション撮影の場合は着替えやヘアセットの変更が大変ということもあり、1着で済ませることが多いようです。
結婚式当日にドレスを着るかわりに前撮りは和装で行う方が多いそうですが、もちろんウェディングドレスやカラードレスで撮影することもできますよ。

 

当日は忙しい! 結婚式の前に記念写真を撮る「前撮り」の基礎知識

 

前撮りに関する基礎知識を身につけておけば、予算やスケジュールも組み立てやすくなります。気になるスタジオやロケーション、ドレスなどがある場合は、早めに問い合わせしておくことをおすすめします。
ぜひ前撮りでこだわり抜いた写真を撮り、一生の思い出に残してくださいね。

 

この記事の著者紹介

⑤

 
石田 ムササビ
1983年生まれ。女性(未婚) 美容師。

高校時代からあらゆるタイプの男性との恋愛を経験。髪型だけではなく恋も思い通りで、恋愛相談を目的に来店する女性客も多い。ライティングの仕事も来店したお客様のススメで始めた。数多の恋愛経験から培った独自の恋愛テクニックが魅力。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事