kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

デコルテが重要! ウェディングドレスのネックラインの種類5つ

デコルテが重要! ウェディングドレスのネックラインの種類5つ


 

花嫁スタイルでより女性らしさを演出するためには、デコルテを美しく見せてくれるウェディングドレスを選ぶことが大切です。ふんわりなめらかなデコルテと、華奢な鎖骨をアピールすることで、上品で洗練された雰囲気を醸し出すことができるのです。
そこで今回は、デコルテをより美しく見せてくれるウェディングドレスの「ネックラインの種類」を5つご紹介いたします。

 

そもそも「デコルテ」とは?

美容関連の会話に度々登場する「デコルテ」とはそもそも何なのか……。
デコルテとは、首筋から胸元にかけての体の一部をさします。普段の洋服では見えにくい場所になりますが、ウェディングドレスではデコルテが広く見えるデザインが多く、キレイに見せたいという女性が多くいらっしゃいます。首元や鎖骨ラインをキレイにみせてくれるドレスを早速みていきましょう。

 

ウェディングドレスのネックラインの種類5つ

1.ウェディングドレス定番の人気デザイン「ビスチェライン」
ウェディングドレスの王道ともいえるのが、胸元で着こなすビスチェライン。
ウエストをキュッと絞ったものが多いため、スタイルアップ効果も望むことができます。
胸元にドレスのトップがくるので、自然とデコルテに視線が集まりやすいのが特徴です。肩や背中もキレイに見せることができます。
ロンググローブやロングヴェールなど、どんな小物とも相性がいいので、お好みのウェディングアイテムを合わせてみましょう。

2.ワンピースのようなカジュアルさが可愛い「ラウンドライン」
首元が丸くカットされているラウンドラインは、胸元が開き過ぎないので露出を抑えたいという方に人気のデザインです。
鎖骨は見せることができるので、女性らしさや上品な雰囲気は演出することができます。
ビスチェラインなどと比べると少しカジュアルな印象もあるため、ガーデンウェディングやレストランウェディングなどの結婚式にもよくマッチします。足元にスニーカーやサンダルを合わせて、とことんカジュアルに落とし込んだ花嫁スタイルを作るのもおすすめです。

3.大人の魅力がグッと高まる「スクエアライン」
首元が四角くカットされているスクエアラインのウェディングドレスは、デコルテ部分を露出しすぎず隠し過ぎないという絶妙なバランスが魅力です。
また、胸元から肩に向かって伸びた縦のラインによって、首を長く見せるという嬉しい効果も期待できます。胸元から首回りがスッキリとするので、ヘアスタイルもアップにしてコンパクトにまとめると、さらに全身のスタイルアップも狙えるでしょう。

4.より女性らしい花嫁ルックに「Vライン」
デコルテや鎖骨に加えて、女性らしい胸の谷間もチラっと見えるVライン。
より女性らしく、華やかな印象に仕上げたいという花嫁に人気です。
ゴージャス感も演出できるので、日が落ちてから行うナイトウェディングや、プールサイドがあるラグジュアリーな空間での結婚式に着てみたい1着です。

5.トレンド感を取り入れるのなら「オフショルダー・ワンショルダー」
近頃のトレンドにもなっている、オフショルダーやワンショルダーのウェディングドレスもデコルテ周辺を美しく見せてくれます。
オフショルダーはプリンセスのようなオシャレ可愛い花嫁に、ワンショルダーなら個性的なモードスタイルの花嫁姿に仕上がりますよ。チュールやレースがふんだんに使われたドレスを選んで、トレンドと定番の融合を楽しみましょう。

 

デコルテが重要! ウェディングドレスのネックラインの種類5つ

 

王道スタイルからトレンドを意識したデザインまで、ウェディングドレスのネックラインにはさまざまなデザインがあります。
これまでで一番華やかでキレイな姿を披露するためにも、体型やお好みに合わせて自分らしい運命の1着を見つけましょう。

 

この記事の著者紹介

⑤

 
石田 ムササビ
1983年生まれ。女性(未婚) 美容師。

高校時代からあらゆるタイプの男性との恋愛を経験。髪型だけではなく恋も思い通りで、恋愛相談を目的に来店する女性客も多い。ライティングの仕事も来店したお客様のススメで始めた。数多の恋愛経験から培った独自の恋愛テクニックが魅力。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事