kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

バツイチ男がプロポーズ・再婚する際に準備すべきポイント

バツイチ男がプロポーズ・再婚する際に準備すべきポイント


毎日多くのカップルが入籍をしますが、その夫婦すべてが初婚同士とは限りません。
どちらか一人が再婚、もしくは再婚同士という可能性もあります。
初婚と再婚では、どのような違いがあり、どういった準備をする必要があるのでしょうか。今回は、バツイチ男性が再婚する際に意識すべきポイントを紹介します。

彼女を不安にさせる「バツイチ感」はNG!

今付き合っている女性と結婚し、家庭を築きたいと考えるのは未婚の男性もバツイチの男性も変わりありません。
しかし、今度こそ彼女を幸せにしたい・自分も幸せになりたいと思うのであれば、自分がバツイチであることを踏まえたうえで、家族にも彼女にも不安や不満を与えないよう注意する必要があります。
彼女や彼女の家族と一緒にいるときは、誠実・素直であることを心掛けてください。

・慰謝料や養育費などのお金の問題を隠す(交際中の場合)
・バツイチであることを隠す
・元妻と頻繁に連絡を取っている、情がある
・元妻の悪口を頻繁に話す
・離婚原因が自分にあることを自覚した上で改善していない

上記のような態度は彼女にとってあなたを信用できなくなってしまう要素なので、普段の会話や態度で出さないよう意識することが大切です。
聞かれたことには正直に答え、過去は過去として区切りを付けていること・彼女との結婚だけを考えている姿勢をあなたから発信してあげてください。

女性側を尊重! 寄り添う姿勢が必要

バツイチ男がプロポーズ・再婚する際に準備すべきポイント

再婚を行う場合は、何事も女性側を優先に考える必要があります。
これはあなたが男性だからと言う訳ではなく、初婚の相手を尊重して結婚準備を進めるのが好ましいからです。
では、どのような結婚準備をすれば彼女も自分も幸せになることができるのでしょうか?

・リード、過去の経験は分ける

結婚をするにあたって、諸手続きや挨拶は欠かすことができません。
あなたは一度経験している工程かも知れませんが、彼女にとっては初めての経験です。
不安がっていることや分からない点があれば、一緒に解決してあげましょう。
しかし、ここで重要なのは「既に経験しているから分かる」という部分を大々的に出さないところです。
あくまで一緒に歩んで行くことを重視して、分からないことは一緒に調べるたり、悩む姿勢を持つことをオススメします。

・彼女同等、相手側の両親に気を配る

ご自身の両親ももちろん大切ですが、結婚準備は彼女や彼女のご家族のペースに合わせて一つ一つの準備を丁寧に進める必要があります。
自分が相手側の家族であったらどう行動されたいのかを考え、結婚式の打ち合わせの進行具合や新居選びなど、可能な限り相手側のご家族に報告してあげると良いでしょう。
相手側の家族にとっては初めての経験であることを理解し、自分も初心に帰ったつもりで結婚準備を楽しんでください。

・金銭面の話もしておく

これはできるだけ早い段階で話しておくべきなのですが、元妻との間に子どもがいて成人するまで養育費を払う場合はその出費、また慰謝料を支払っている場合もその金額を伝えておくことをオススメします。
「隠していることはなにもない」「今が一番大事である」という姿勢を常に保つことが必要なので、相手の気になる要素や不安になる要素はしっかりと話しておいてください。

幸せな結婚生活を送るためには、彼女と彼女の家族が信頼のできる相手でいることが重要です。
今のあなたは彼女を一番大切に思っていることが伝わるよう、二人で協力して結婚準備を進めましょう。

この記事の著者紹介

➂

本田 レイナ
1984年生まれ。女性(未婚) オーガニック系コスメ店店員。

高校時代はあらゆる媒体で自己表現を続け、ライターを志望していた。
化粧品系の会社に入るも夢を諦めず、ライターとしてもネットで活動を始める。
記念日のサプライズなどの記事を得意とする。


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事