kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

遠距離恋愛をしているカップルが結婚に踏み切るタイミング

遠距離恋愛をしているカップルが結婚に踏み切るタイミング


遠距離恋愛はつらく、もどかしいと感じるときもあります。
会えても月に数回、お互いのタイミングが合わないときには年に数回というカップルもいるかもしれません。
そのため、遠距離恋愛から結婚したいと考えるカップルは多いと思いますが、なかなか踏み切れないカップルも多いようです。そこで今回は、遠距離恋愛から結婚に踏み切るタイミングについてお話しします。

遠距離恋愛が結婚に進んだきっかけ

○どちらかが転勤するタイミング
離れて暮らしている状態で一方がさらに遠い場所に転勤してしまう場合、または転勤によって家が近くなる場合の二つが挙げられます。この転勤がきっかけになり結婚に踏み切るカップルは多い傾向にあります。
結婚のための引っ越しとなるとなかなか決心がつかないかもしれませんが、転勤という明確な理由があると「この機会に住まいを一緒にしよう」と重い腰を上げる良い機会となるようです。
どちらかの転勤で住まいを移す場合は、結婚を考えるいいタイミングだと捉えると良いでしょう。

○経済的な安定
遠距離恋愛中のカップルが結婚を決断するときに、女性が退職して男性の家へ行くパターンは意外と多いようです。
その場合、女性は仕事を辞めて男性のもとへ嫁いでいくことになります。すぐには再就職できないこともあるので、その間の期間の2人の生活を支えるだけの収入が必要です。
だからこそ、男性が昇進した・転職したなど経済的な理由が結婚に踏み切る大きなきっかけになるのです。

○子どもが欲しいと意識したとき
カップルにとって子どもを授かることは、結婚を決断できる大きな動機になります。
特に20代後半から30代後半の男女は、年齢的にも子どもができると結婚を即決する傾向にあるようです。
最近では、女性のほうが「子どもを早く産みたい」と決断することで、女性から男性に結婚を求めるパターンも多いようです。
女性からすると子どもを産むのは自分ですから、計画を早めに立てて結婚をしたいと思うのは当然です。子どもが欲しいという意識が出てきたら、結婚するいいタイミングになりそうですね。

○ゴールを決めておく
仕事をすぐには辞められないなど、何か問題があって結婚に踏み切れない方は多いと思います。その場合は、まずゴールを設定することが大切です。期間で決めるのが一番分かりやすいですが、それが難しい場合は貯金で設定してもいいのではないでしょうか。
結婚資金が貯まれば「どちらかが仕事を変えて結婚する」ということにでき、結婚に踏み切れるでしょう。

今回は、遠距離恋愛から結婚に踏み切るタイミングはいつなのかご紹介しました。
離れた場所にいるからこそ結婚に踏み切るのは難しいですが、前述のようにタイミングを確認しておけば、スムーズに結婚へと踏み切れると思いますよ。

この記事の著者紹介

⑤

石田 ムササビ
1983年生まれ。女性(未婚) 美容師。

高校時代からあらゆるタイプの男性との恋愛を経験。髪型だけではなく恋も思い通りで、恋愛相談を目的に来店する女性客も多い。ライティングの仕事も来店したお客様のススメで始めた。数多の恋愛経験から培った独自の恋愛テクニックが魅力。


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事