kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

20160513_01

これもあり!?「一緒に婚約指輪を買いに行かない?」で決めるプロポーズ


プロポーズの機会は、人生の中でそう何度も訪れるわけではありません。
愛の告白とは違い、お互いにとって初めての経験となる場合が多いことでしょう。
彼女の指輪のサイズや好みがわからない場合、一緒に婚約指輪を選びにジュエリーショップへ行くというプロポーズ方法をとってみてはいかがでしょうか?

一緒に選べばリスクを回避できる!

指輪を用意して勇気を出してプロポーズしたものの、指輪のサイズが合っていなかったり、彼女の好みや理想とかけ離れた婚約指輪をってしまったりというリスクは、できるかぎり避けたいところです。運が悪ければ婚約指輪を買いなおす羽目になることも考えられます。

プロポーズをする前に、どんな指輪が理想なのかあらかじめ彼女にリサーチしておくことができればいいですが、勘がいい女性ならプロポーズの気配を感じとってしまうかもしれません。彼女に探りを入れるときはくれぐれも慎重に。もし、妙な空気になってしまえば、サプライズプロポーズができなくなってしまう恐れがありますので、事前にリスク回避しましょう。

指輪を一緒に買いに行くサプライズ

せっかく婚約指輪を贈るなら、彼女の憧れのブランドや理想のデザインの指輪をプレゼントしたいもの。サプライズの一手法として、何の前触れもなく彼女をジュエリーショップに連れていくというのも面白いですね。
一緒に婚約指輪を買いに行くなんてサプライズ感が半減してしまうのでは? と感じる人は多いかもしれません。しかし、「婚約指輪を一緒に選ばない?」という言葉自体がサプライズプロポーズになるはずです。

婚約指輪を一緒に買いに行くメリットのひとつに、二人の絆を深めることができるという点があります。プロポーズは自分一人のイベントではなく、彼女にとっても人生の一大イベントです。指輪選びの段階から参加したいと考える女性は決して珍しくはありません。本当は指輪を一緒に選びたいけれど、自分からは彼にプレッシャーをかけてしまう気がして、なかなか言い出せないという女性も実は多いのです。誕生日やクリスマスの贈り物を普段から一緒に選んでいるカップルなら、婚約指輪を一緒に選ぶ方法を受け入れてもらいやすいかもしれません。

プロポーズの言葉は忘れずに

20160513_02

基本は彼女に好みの指輪を選んでもらって問題ないのですが、あくまでも「一緒に選ぶ」という姿勢を見せるのが大切です。
婚約指輪は結婚指輪と違って男性が身に着けることはないため、つい「どれでもいいよ」となってしまいがちです。彼女にとって「愛情豊かなプロポーズ」となるか「真剣に指輪を選んでくれなかった」という思い出になるかの分かれ目の日であることを意識しましょう。

また、婚約指輪を買いに行っただけでプロポーズを終わりにしてはいけません。
指輪を買いに行く当日は、普段のデートとは違った特別な思い出の日にするための演出が必要です。二人の思い出の場所へ足を運んだり、普段のデートでは行かない高級なレストランを予約したりするといいでしょう。婚約指輪を購入したらきちんと箱に入れてもらって、あらためてプロポーズの言葉とともに彼女に渡してあげてくださいね。

 

この記事の著者紹介

?

KANA
1985年生まれ。女性(既婚) コラムニスト。

チャレンジ精神が旺盛で、Webデザインや衣装デザインの会社のアルバイト、コンビニ店員や本屋の店員などさまざまな仕事をしてきた。
性に関する赤裸々な話から、付き合いたてのカップルに向けた記事など、幅広い内容で執筆できる。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事