kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

結婚式の王道! 教会で挙げる「キリスト挙式」の流れとマナー

結婚式の王道! 教会で挙げる「キリスト挙式」の流れとマナー


結婚式は、大きく分けて「キリスト挙式」と「神前挙式」「人前式」があります。
ドラマや映画でもよく見る、ウェディングドレスに身を包んだ花嫁と父親がバージンロードを歩き、牧師さんの前で愛を誓い合うという結婚式がキリスト挙式です。
結婚式の王道ともいえるキリスト挙式を希望しているカップルのために、挙式前に知っておきたいキリスト挙式の流れとマナーをご紹介いたします。

 

2通りのキリスト挙式がある

キリスト挙式には「カトリック」と「プロテスタント」の2通りがありますが、式の流れ自体はどちらも変わりません。ただし、カトリック式は信者のみができる挙式スタイルで、夫婦そろって、もしくは新郎新婦のどちらかがキリスト教信者でなくてはいけません。
また、カトリック式は由緒ある本物の教会で挙式をしますが、誰でも挙げられるプロテスタント式はホテルや結婚式場の一角で挙式をします。結婚の儀式を執り行うのも、カトリック式は神父、プロテスタント式は牧師といったように違いがあります。

 

キリスト挙式の全体の流れ

1.参列者入場
キリスト挙式では、まず参列者が会場に入ります。向かって右側が新郎、左側が新婦のゲストで、一番前からご両親、兄弟、親戚、友人や同僚といった順位に座っていきます。

2.牧師による開式宣言
牧師さんによる開式宣言があり、いよいよ挙式がスタートします。

3.新郎入場
新郎が介添人と一緒に入場します。

4.新婦入場
新婦が新婦の父親と腕を組み、バージンロードを歩いて入場します。このとき、親戚のお子さんやブライズメイドなどが先導することもあります。

5.讃美歌斉唱
新郎新婦、参列者が全員揃ったら、讃美歌の斉唱をします。

6.牧師による聖書朗読、祈祷
聖書の中にある婚姻にふさわしいお話を牧師さんが朗読します。その後、新郎新婦、参列者全員で神に祈りを捧げます。

7.結婚の誓い
「あなたは生涯妻を愛することを誓いますか?」など、牧師さんが新郎新婦に問いかける結婚の誓いが行われます。

8.結婚指輪の交換
新郎新婦が結婚指輪の交換を行います。結婚指輪の交換をしたあとには誓いのキスをするのが一般的となっています。

9.結婚証書へのサイン
無事、結婚指輪の交換が行われ牧師さんが2人の結婚を宣言したところで、結婚証書にサインをします。新郎、新婦、牧師さんの順でサインをするのが一般的です。

10.新郎新婦退場
滞りなく結婚の儀式が行われたら、新郎新婦は参列者に見守られながら退場します。
 
結婚式の王道! 教会で挙げる「キリスト挙式」の流れとマナー
 
キリスト挙式では、参列者がバージンロードを踏んではいけない、写真撮影は決められたところでなど細かいマナーもあります。キリスト挙式を挙げる前に、基本的な流れとマナーを知っておくと、実際に挙式を行う際もスムーズですよ。
憧れの結婚式を完璧にスムーズに行うためにも、しっかりと予習をしておきましょう!

 

この記事の著者紹介

⑤

 
石田 ムササビ
1983年生まれ。女性(未婚) 美容師。

高校時代からあらゆるタイプの男性との恋愛を経験。髪型だけではなく恋も思い通りで、恋愛相談を目的に来店する女性客も多い。ライティングの仕事も来店したお客様のススメで始めた。数多の恋愛経験から培った独自の恋愛テクニックが魅力。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事