kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

抱き合うカップル

同棲をしているからこそできる彼女へのプロポーズ演出方法


 

「結婚前に同棲をしていると結婚のタイミングを逃す」と言われていますが、同棲をしているからこそできるプロポーズ方法はたくさんあります。
お互いの気持ちが結婚に向いてきたときは、きちんとプロポーズを行って結婚前の思い出を作りましょう。
今回は、同棲をしているからこそできる彼女へのプロポーズ方法をご紹介いたします。

 

同棲カップルならではのプロポーズ方法

手を握り合うカップル

 

いつもの感謝を伝えてプロポーズをする

お互いが働きながら同棲をしている場合、家事や料理などは役割分担をしているカップルが多いでしょう。しかし、家事や料理が苦手な男性は多いもの。どちらかというと彼女のほうが多く家事をこなしているというケースは珍しくありません。
このような2人の関係性に心当たりがあるという場合は、いつもの感謝を労う形で掃除や料理を行って、ホームパーティーを開くというプロポーズを行いましょう。
彼女には1日どこかへ出かけていてもらい、その間に部屋の片づけや装飾をして、さらに手料理を作ります。そして、彼女が帰宅後は2人きりでパーティーを行い、「いつもありがとう」という言葉とともに、「結婚してください」というメッセージをプラスしてプロポーズをします。
あらかじめ婚約指輪や花のプレゼントなどを用意しておくと、さらに感動を与えることができるでしょう。

郵便ポストの中に……? プチサプライズが可愛いプロポーズ

プロポーズはサプライズで行いたいという方におすすめなのが、郵便ポストを利用した演出です。彼女と2人で家にいるとき、こっそりと郵便ポストの中に婚約指輪と手紙を入れておきます。
そして、「今手が離せないんだけど、手紙が来ていないかポストを見てきて」と彼女にお願いをしましょう。彼女がポストまで移動を始めたら、あらかじめ用意しておいた花束を持ってこっそりと追いかけます。
ポストを開けて中に入っている婚約指輪と手紙に気がつき、彼女が驚いていることを確認したら後ろから名前を呼び、花束を渡します。さらに「結婚してください」と伝えて、しっかりとプロポーズを行いましょう。お互いが郵便ポストを自由に開け閉めできる同棲カップルだからこそのサプライズプロポーズ演出です。

 

一生の思い出に残るプロポーズを

結婚前に同棲をするカップルは珍しいものではありませんが、結婚生活のような雰囲気が味わえることもありプロポーズのタイミングが掴めなくなるといわれています。
また、最近ではきちんとしたプロポーズの申し出をすることなく、なんとなく結婚をする流れになっていた……という“なんとなくプロポーズ”も増えているそう。
女性にとって、プロポーズや結婚は重要なものなので、一生を共にしたいと思えたときはきちんと思い出に残るプロポーズを演出してあげることが大切です。
今回ご紹介した同棲カップルだからこそできる演出を取り入れて、一生の思い出に残るプロポーズを行いましょう。

 

この記事の著者紹介

【著者】石田 ムササビ

 

石田 ムササビ

1983年生まれ。女性(未婚) 美容師。
高校時代からあらゆるタイプの男性との恋愛を経験。髪型だけではなく恋も思い通りで、恋愛相談を目的に来店する女性客も多い。ライティングの仕事も来店したお客様のススメで始めた。数多の恋愛経験から培った独自の恋愛テクニックが魅力。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

究極のプロポーズフラワー

究極のプロポーズフラワー

新着の記事

オススメの記事