kimedoki

男の「キメドキ」、サプライズプロポーズを成功に導く情報サイト | キメドキ

twitter facebook b

メニュー HOME 検索

指輪をはめる所作

カジュアルな結納? 最近話題の「婚約式」ってどんなもの?


 

結婚は夫婦となる2人だけでなく、両家の家族にも深く関わっていくもの。
婚約を確かなものにするためにも、プロポーズが終わったら「結納」を行うのがこれまでの日本では一般的でした。しかし最近では、結納の代わりとしてカジュアルな「婚約式」を行うカップルが増えています。この婚約式は、一体どんな儀式なのでしょうか? 今回は、婚約式についてご紹介いたします。

 

海外では定番!「婚約式」ってどんなもの?

結婚式の前に夫婦となる両家が顔を合わせ、婚約の記念品を贈り合うのが結納の内容です。
地域や家族によって内容や進め方に違いはありますが、一昔前までは多くのカップルが当然のように行ってきました。しかし最近では、結納を行うカップルは減少しています。正式な結納は、手間やお金がかかるということもあり、簡略化された結納や両家の顔合わせのみで済ますケースが増えているのです。
そして、結納の代わりに増えているという「婚約式(Engagement Ceremony)」は、海外の習慣です。婚約式はもともと欧米で、キリスト教の儀式として始められたもの。
家族や親しい友人、そして神様に婚約の報告をして、愛を誓い合うという儀式です。
日本で一般的とされてきた「結納」と大きく異なる点は、参加者が婚約の2人と両家にとどまらず、友人を交えて行われることがあるという点です。
結納よりもカジュアルな婚約式の習慣を日本でも取り入れようという動きがあり、最近では婚約式ができるホテルや式場もどんどんと増えています。

 

婚約式を行う場所・タイミングは?

結納の海外版ともいえる婚約式は、カジュアルに行う儀式です。行う場所に決まりはありませんが、ホテルや教会、また仲介人の家などで執り行うカップルが多いようです。中には、結婚式に使えるようなレストランやカフェを貸し切りにして婚約式を行うという方もいます。自分たちが好きな場所で楽しみながら行えるのが婚約式の1つのメリットといえるでしょう。
また、婚約式を行う時期は、結婚の1年前~3ヶ月前ぐらいが一般的。結納とは異なり、大掛かりな準備などが必要ないため、平日の晩に数時間で済ますというパターンもあります。

 

婚約式の服装マナーや演出内容は?

先述もしている通り、婚約式はカジュアルに楽しめる儀式であるため、服装は準正装でOK。男性はジャケットとスラックスに身を包み、女性はキレイ目のワンピースやセットアップのジャケットとスカートなどがおすすめです。もちろん、カジュアルな儀式とはいえ結婚前の大切な思い出になる日でもあるため、振袖やドレスなどを着る方もいます。普段よりもオシャレをして、特別感を演出しましょう。
また、ホテルなどの会場によっては、婚約式の細かいプランを用意している場合もありますが、基本的に婚約式の内容や進行方法に特別な決まりはありません。
婚約指輪を贈るセレモニーや誓約書へのサイン、記念品の交換など、自分たちが取り入れたいプランを盛り込めるのも嬉しいポイントです。両親の意向を確認しつつ、2人らしい婚約式を作り上げましょう。

 

祝杯

 

自由度が高くカジュアルな儀式でありながらも、きちんと婚約の約束を形にできるのが結納式の魅力です。結婚式前のイベントとして取り入れて、両家や2人の仲をさらに深めていきましょう。

 

この記事の著者紹介

?

KANA
1985年生まれ。女性(既婚) コラムニスト。

チャレンジ精神が旺盛で、Webデザインや衣装デザインの会社のアルバイト、コンビニ店員や本屋の店員などさまざまな仕事をしてきた。
性に関する赤裸々な話から、付き合いたてのカップルに向けた記事など、幅広い内容で執筆できる。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女の夢を叶えるプロポーズ

彼女の夢を叶えるプロポーズ

新着の記事

オススメの記事